2018年に向けて

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-12-28-10-49-13

マーケティングの世界で “エンゲージメント”というキーワードを耳にする機会が増えた2017年が終わり、2018年を迎えようとしています。皆さまにとって、2017年はどのような1年だったでしょうか?

私は、マルケトでマーケティングを担当しており、多くのマーケターの皆さまとお話をする機会があります。

2016年にスタートした、次世代のマーケティング、マーケターのあり方を、マーケターとの対談を通じて掘り下げていく企画 Tomorrow’s Marketer 対談も、2017年12月でVol.20となりました。お時間ある際に、是非御覧ください。

ここでは、活躍するマーケターの皆さまとの対話から得た学びと、私自身がマーケティング本部長として日々感じていることから、私なりに、2018年に思いを馳せ、皆様と共有してみたいと思います。

 

1. 本質を追求するマーケターが共感を得る

2018年は、本質を追求するマーケターが共感を得る年になるでしょう。ここで言う本質とは、「企業の理念」、「顧客にとっての価値」、「顧客との関係性」を意図しています。企業によって、目指す「本質」の形は異なりますが、私がお会いしたマーケターの皆さんは、小手先のテクニックだけに固執することなく、「自社が社会に及ぼす価値」、「顧客のビジネスや暮らしがどう良くなるか」、「深いレベルでのエンゲージメントをどう築くか」という本質を実現することに焦点をあわせ、その実現のためにテクノロジーとデータを最大限活用しています。

 

2. 自らの行動・現象・結果を言語化し、再現できるマーケターが求められる

マーケターの身の回りは、多くのデータと、定性的な情報で溢れています。そのようなデータと情報に囲まれながら、日々多くの施策を立案し、実行し、進捗をみながら修正し、次の施策へと活かしています。私がお会いした素晴らしいマーケターの皆さんは、マーケティング施策レベルのKPI/KGIを可視化して、常に振り返りを行うことで、何が計画通りで、何が予測を下回ったのかを定量的なデータだけでなく、顧客や社内の声などの定性的な情報を組み合わせることで「なぜ?」言語化しています。「なぜ?」を言語化することで、次のアクションを実施する際に、改善を加えて再現することができ、それを繰り返すことで、すべての行動に意味を持たせることを実現しています。

 

3. CMOやマーケターという役職名に留まらない活躍をするマーケターが増える

マーケターのKGI/KPIは、1つ1つの施策レベルでのKPIもあれば、キャンペーン全体のROIなど、マーケターの役割によって異なります。しかし、私がお会いした活躍するマーケターの皆さんは例外なく、全社を高い視座で見渡し、部門間の壁を越えてコラボレーションし、顧客と自社の接点すべてを意識したうえで、自社の売上、利益に焦点を当てて日々の業務を行っています。現在の部署、役職、役割の枠に留まることなく、マーケティング=経営であるという意識と責任感で業務を遂行するCMOやマーケターは、もはやその役職名が窮屈にすらなっていることでしょう。そして「マーケティング」「マーケター」という言葉の定義を、2017年の”それ”から、2018年は、より広義なものへ自らの手で変えていくことでしょう。

2018年が、皆さまにとって素晴らしい1年になることをお祈り申し上げます。

2018 Marketing Predictions from Marketo
OzekiTakashi

マルケトのCMO(マーケティング本部長)をしている小関 貴志です。

Read Takashi's Blogs

2018年に向けて

Most Shared

株式会社お金のデザイン様 導入事例

お金のデザインがMarketoに乗り換えた5つの理由

IMG_0002

Tomorrow’s Marketer これからのマーケター Vol.1 グロービス様 ~テクノロジーが進化しても大切なのは「ヒト」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Marketoの導入をきっかけに営業スタイルを激変させた3つのアイデア

437

村田製作所、Marketo導入4年目の取り組み

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Marketoの「Ad Bridge」が可能にする3つのこと